自尊心のかかった試合は誰が勝者か

ある知恵者の言葉は真理のようだ。 圧倒的な成績で勢いに乗って踊った記憶が昨日のことのように思えるが、わずか1年で状況が180度変わった。 3連勝でボクシング·デーを終えた2020年の1月と2分け1敗でボクシング·デーを終えた2021年1月の温度差は明らかに分かれた。

客観的な指標だけを見ると、リバプールの優位だった。 リバプールはサウスハンプトンを相手に5連勝を記録しており、リーグ平均得点や失点など、その他の数値で優位を占めていた。 一方、サウスハンプトンは最近4試合連続無勝で、レッドモンド、ベスターゴールなどの主力選手が負傷し、스포츠중계 完全な戦力を備えていない状況だった。 はなはだしきは、ハーセンホイトル監督の家族構成員がコロナの確定診断を受け、心理的にも厳しい状況だった。

そのような状況にもかかわらず、サウスハンプトンはリーグ1位のリバプールという大魚を得た。 ハッセン·ホイットル監督がグラウンドに座り込んで感激の涙を流したのは決して不思議なことではないだろう。 サウスハンプトンの決意と結集力は今日リバプール選手団より一枚上だった。
リバプールの選抜リストには専門センターバックがなかった。 中央MFのジョーダン·ヘンダーソンとファビニュがセンターバックに代わり、中盤は本当に久しぶりに先発で出たチェンバレンとティアゴ、そして鉄鋼王のベイナルドゥムに配置された。 最前方と最後方はいつものように、「妻ライン」と「アリソング」が登場した。

前半2分、サウスハンプトンが先制ゴールを決めた。 セットピースの状況で短く入るボールをアーノルドが逃し、ダニー·イングスがまるで足球のようにボールを反対側のポストにポンと蹴り入れた。 持続的に守備不安を露出したアーノルドの守備力が再び俎上に上ったが、セットピースのキックを担当したウォード·プライスのボールにスピンが入ったという点を勘案してもあまりにも安易だった守備だった。 アーノルドの不振の終わりは一体どこまでだろうか。

サウスハンプトンは序盤からまるでゲゲンプレッシングを連想させるほど強い圧迫を加えた。 これにリバプールは戸惑い、ビルドアップの過程で未熟さとミスを何度も露にした。 また、相手のティアーゴは攻撃ラインを見つける前から、サウスハンプトン攻撃手の圧迫に孤立し、ボールの供給を円滑に引き出すことができなかった。

リバプールは中盤以降、アーノルドをセンターバックラインに下ろす変形スリーバックを通じて、後方ビルドアップの問題を改善し、サウスハンプトンに対応した。 しかし、ボールに出たチェンバレンはこれといった活躍を見せられず、マネとサラもドリブルを試みたが、脅威的なチャンスを作り出すことに失敗し、サウスハンプトンの守備を崩すことはできなかった。
後半戦が始まるやいなや、リバプールは激しく攻め立てた。 後半序盤のシェアは1対9と、試合の主導権を完全に掌握した。 私見を付け加えると、このとき同点ゴールを決められなかったことが、結局敗北につながったと思う。 雰囲気に乗る時、機会を創出できる時、得点ができなければ良い結果が得られない。 「サッカーとはそんなスポーツだ。

試合の途中でペナルティーキックが議論を呼びそうなハンドリング反則とタックルがあったが、何事もなく通り過ぎた。 個人的に、ハンドリング反則はVARオンフィールドビューを見るべきだったのではないかという残念さが残る。

後半55分、振るわなかったチェンバレンがアウトになり、シャキリが投入されたが、これといった活躍はなかった。 実際、リバプールの選手らは皆、これといった活躍を見せなかった。 75分になってようやく初の有効シュートが出て、側面で活発に動いたマネは、ウォーカピタスに阻まれて苦戦するなど、攻撃の糸口を全く見つけることができなかった。 (もちろん、サウスハンプトンの狂った守備もした。)

結局、前半に強くプレスをかけ、後半には封じ込めるハーセン·ホイットル監督の戦略が完璧に通じ、サウスハンプトンが1-0で勝利した。 あらゆる悪材料の中でも貴重な勝利を収めたサウスハンプトンに拍手を送る
混沌のEPLだ。 「絶対強者がない」 「ワンシーズン·きらめきはあっても、2シーズン·きらめきはなく、ワンシーズン·独走はあっても、2シーズン·独走はない」。 EPLがおもしろい理由だ。

今日の試合が終わったことで,リバプールは追撃チームにトップを譲るチャンスを与えた. 1位から7位までの勝ち点差がわずか4点に過ぎない。 数チームの試合数が少ないという点を考慮すれば、いつでも覆しかねない格差だ。 昨今の現実を認めて実利を追求しようが実効性のある対策を立てなければならないリバプールだ。

堪えて堪えても堪えられない時が来る. サッカーは人がするスポーツだからだ。 その場しのぎはその場しのぎに過ぎず、完璧な解決策にはならない。 今、リヴァプールがその時点だと思う。 負傷者の空白を何とか食い止めてきたが、限界に達しているのではないかと思う。 攻撃陣で決定力に責任を負う操舵と最後方の責任を負うヴァン·ダイクの復帰が急がれる

에 발행했습니다
Uncategorized(으)로 분류되었습니다

댓글 남기기

이메일 주소를 발행하지 않을 것입니다. 필수 항목은 *(으)로 표시합니다